激走!みんなのパルクール|子供心を思い出せるワクワク3Dアクションゲーム

SASUKEのようなアトラクションが楽しめる3Dアクションフリーゲーム「激走!みんなのパルクール」をご紹介。

バラエティ豊かなステージを激走できる操作性は、まるでスーパーマリオのようにワクワク楽しめました。

今回も、実況動画をYouTubeにアップしています。

「激走!みんなのパルクール」とは

「激走!みんなのパルクール」は、くろくまそふとさん制作の3Dアクションゲーム。クリアまでの時間は、上手くいけば30分ほど。走る、飛ぶ、ローリング、壁をつかむ、というシンプルな操作感が爽快です。

ゲームオーバー後のリトライや、プレイヤー変更もサクサク行える設計なのもありがたいですね。余計なストレスがなくてサクサク進めることができました。

ゲームの特徴

ジャンル3Dアクション
プレイ時間1ステージ2~3分
操作キャラクター5名

ゲームの進め方

  1. キャラクターセレクト(全5名)
  2. ステージセレクト(全9ステージ)
  3. 制限時間内にゴールを目指す

ルールがわかりやすく、チュートリアルも丁寧でした。

キャラクター

以下、ゲーム画面より抜粋。

ナイト内藤

常に鎧に身を包んでいる謎の男。能力は平均的だが、敵・トラップからダメージを受けたときの無敵時間が長いので安心。

ベア衛門

クマと人間のハーフ。よく着ぐるみと間違えられるのが悩みの種。

他のキャラクターの良い部分を少しずつ足し合わせたような身体能力を持つ。

チャン小結

ちゃんこ鍋を食べすぎて部屋を追い出されてしまった力士。機動力で少し劣るが打たれ強いのが特徴。

ヤンノ・カコラー

「やんのかコラ」が口癖の不良姉さん(でも根は優しい)。通常の移動速度が最速で小回りも効く。

羽鳥半蔵

忍者の末裔を自称するサラリーマン(趣味忍者)。打たれ弱いが、しゃがみ移動・ローリング・壁のぼり速度が最速で、2段ジャンプが可能。

たぶん一番パルクール向き。

作者情報

公式サイト

PixivFANBOX

作者は数多くのゲームを制作&公開している、くろくまそふとさん。

ゲーム制作者向け情報発信も熱心な方で、「激走!みんなのパルクール」のような3Dアクションゲームが作れるUnityの使い方をまとめた「Unityでゲームを作ろう!」というサイトの運営もなさっています。

サイトデザインが見やすいうえに圧倒的ボリュームなので、変な本を買うよりよほど参考になるんじゃないかしら?僕もUnityの使い方で迷ったときは、参考にさせていただこうと思う次第です。

激走!みんなのパルクール 感想

小さい頃に「スーパーマリオ」やSASUKEのステージにワクワクした感覚を、思い出させてくれるゲームでした。

チュートリアルの丁寧さなど、ストレスなくゲームが進められるUXデザインがありがたかったですね。ブログも読みやすいですし、ユーザーへの気遣いが隅々まで行き届いているクリエイターさんだなぁという印象を受けました。

実況動画も公開中

激走!みんなのパルクールの実況動画」を、YouTubeチャンネルに公開中です。

プレイ前のシミュレーションの参考程度に。