夏祭りとおばけやしき|日本の夏の切なさを感じる脱出ゲーム

メモ

第13回ふりーむ!ゲームコンテスト脱出アドベンチャー部門金賞受賞

子供時代に夏祭りに感じたワクワクや畏れを感じさせる脱出ゲーム「夏祭りとおばけやしき」をご紹介。

「和」を感じさせるグラフィックやBGMが印象的なゲームです。

今回も、実況動画をYouTubeにアップしています。

「夏祭りとおばけやしき」とは

「夏祭りとおばけやしき」は、moge-moge-kunさん制作のフリーRPG。クリアまでの時間は、番外編を含むと3時間ほど。

第13回ふりーむ!ゲームコンテスト「脱出アドベンチャーゲーム部門」金賞を受賞した作品です。

ゲームの特徴

ジャンル謎解きホラーアドベンチャーゲーム
プレイ時間2~3時間
エンディング5つ(トゥルー1、バッド3、サイドストーリー1)

ゲームの進め方

  1. 縁日パートで「おばけやしき」の情報を探す
  2. 情報収集後に現れる「おばけやしき」に入る
  3. 謎を解きながら「おばけやしき」から脱出を目指す

ストーリー

夏祭りにやってきた少年、奏(そう)は、かつてこの場所にあった「おばけやしき」が、ある事件をきっかけに閉鎖された噂を聞く。

ふと人混みがら離れると、そこには噂の「おばけやしき」らしき建物があって…。

文字どおりお祭り騒ぎな「縁日パート」が終わり、お化け屋敷パートに入るときの雰囲気の変化は「足を踏み入れてはいけない場所に来てしまったぞ」という感が怖かったですね。

キャラクター

奏(そう)

操作キャラ。13歳の中学生で、両親や妹と夏祭りに遊びにきた。

鈴(すず)

奏の妹。霊感が強いらしく「コンちゃん」という見えないお友達がいる模様。

霧(きり)

お化け屋敷で出会うお兄さん。どうやら、行方不明の妹を探しているらしい。

灯花(とうか)

お化け屋敷で出会うお姉さん。どうやら、友達とはぐれてしまったらしい。

作者情報

公式サイト|シルファの風のふくままに

作者は、moge-moge-kunさん。最新作「白い森の守り人は」もふりーむ!で公開中です。

公式サイトの攻略ページがとても丁寧なので助かりました。

夏祭りとおばけやしき 感想

一応ホラーゲームという括りではあるものの、子供の頃、夏祭りで体験したワクワク感や、神社に感じた神聖な畏れを思い起こさせるノスタルジックな作品でした。

とくにBGMのセレクトがすごく良く、エンディングテーマとして使用されたBGMは夏祭りの雰囲気とマッチしていて素敵でしたねぇ。

実況動画も公開中

夏祭りとおばけやしきの実況動画」を、YouTubeチャンネルに公開中です。

トゥルーエンドの条件がわからず困ってるときなどに、参考にしてみてください。